ホーム / 受験生の方 / アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

物質の構造と性質およびその変化を分子レベルで追求する化学の対象範囲は、今日、材料分野へ、そして生命分野へ急速に拡張しています。材料科学技術や生命化学技術が真に分子レベルになってきた証ですが、「材料」や「生命」を生み出す分子の機能的ネットワークあるいはコミュニケーションそのものが化学の対象となってきたともいえるでしょう。最近のノーベル化学賞にバイオ関係の研究が多く選ばれているのを見ても明らかです。全ての物質が分子基盤である以上、諸々の問題-例えば心の問題なども含め-は究極的には化学の対象であるといっても過言ではありません。当専攻を含む化学のミッションのひとつは、知的文化、人類の福祉、QOL(生活の質)それぞれの視点から化学の新しい分野を開拓することであろうと思われます。化学原理を育み、未開拓分野に切り込む夢と情熱と開拓者魂を兼ね備えたロマン多き方々の入学を希望します。